セミナーに参加をして自分を高めていく

ここ数年になってから、企業のセミナーが多く開催されるようになってきましたね。
様々な企業が自分達の業務に関する内容や、これから就活していく上で必要になってくる事について講習を行っています。
私が何度も紹介しているタマディックも、今までに何度かセミナーを開催しているのです。
ただのセミナーではなくて体験型企業セミナーとなっており、どのような内容になっているのかというと、モノづくりの第一歩を体験することが出来ます。
「ものづくりワークショップ」では、参加している方全員で協力しながら一つのモノを作ってもらう形となっています。
初めての方にものづくりの本質を学んでほしいという意図があります。


タマディックから対策法が教われる

就活や転職するにあたり、エントリーシートが必要になることがありますよね。
自分でどのように作成するのが正解なのか、それを判断する事は非常に難しいことです。
タマディックのセミナーでは、面接やエントリーシートの対策を指導してもらうことも可能となっています。
今まで学校やサークル活動でどのような事を学び、どのような事を経験してきたのか。
それを具体的にしっかり面接やエントリーシートで伝えるためにはどうすれば良いのか、ということについてアドバイスを受けることが出来ます。
タマディックのようなものづくり業界への就職を検討している方は、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


エンジニア適性度を知る事も出来る

ものづくりの本質や就活の際必要になるエントリーシートの対策、そして面接対策。
これらを指導してもらうことが出来るだけではなくて、自分のエンジニア適性度を知る事も出来るのです。
理工系適性診断テストというものを行い、タマディック独自の視点で自分のものづくり適性度を判定します。
一見難しそうに感じるかもしれませんが、特に難しいことはないのであっという間に済ませられます。
ものづくりの業界へ進みたいけれど自信がない、自分に向いているのかわからない。
そんな風に考えて悩んでしまっている方は、ぜひ一度だけでも良いですからタマディックのセミナーに参加してみて下さい。


タマディックを受けるならぜひ!

ものづくり業界へ就きたいと考えている方は、ぜひこちらの会社が開催しているセミナーに参加してみて下さい。
自分のエンジニア適性度を知る事も出来ますし、エントリーシートや面接の対策までしっかり行うことが可能です。
タマディックへの入社を希望するという方でしたら、なおの事参加しておくにこしたことはありません。
こちらの会社に就きたいと本気で考えている方は、何度か足を運んでみてはどうでしょうか?

タマディックはどんな事を大事にしているのだろう?

企業にはそれぞれ大切にしている事や、大事にしている考えというものがあります。
今まで何度か紹介してきているタマディックにも、大切にしている事や重要だと考えていることがあるのです。
こちらの会社は男性社員だけではなく女性社員もおり、差別する事のないよう平等に接し業務も行っています。
同じエンジニアとして頑張る仲間という意識を強く持ち、差別などをしないようにしているのです。
そして、女性でも働きやすいようにと産休制度・育休制度にも積極的に取り組んでいるので、働きやすく風通しも良いです。
男性ばかりの職場かと思いきや、しっかり女性の事も考えてくれているのですね。


設立当初から伝わる設計十訓とは

代表者が会社を設立する時には、心得というものを作り社員へ意識させようとします。
色々な企業によって心得の数はバラバラですが、タマディックには十訓あります。
その設計十訓を皆さんにも紹介したいと思います。

➀依頼者の気持ちになり切れ
➁設計諸元を再度確認せよ
➂期限は最も重要な仕様である
➃計算記録は明確に残せ
➄設計推移は記録せよ
➅自分の図面に責任を持て
➆図面に個性を出すな
➇反原則設計は充分意見を聞け
➈アイデア・工作法・製図の絶えざる研究
➉一つの考えに拘るな

以上、タマディックの設計十訓となっています。
エンジニア、技術者としての心得が的確に表れていますね。
長く勤めるベテランの方であれば暗記して覚えているかもしれませんが、新入社員にとっては難しそうです。
しかし、立派なエンジニアとして育っていくためには必ずこの心得をしっかり胸に刻まなければなりません。


エルダー制度で育成バッチリ

どの会社にも新入社員に対して研修制度を設けていると思います。
もちろん、タマディックでも研修期間を設けているのですが、研修期間を終えてもしばらくはエルダー制度が続きます。
一体どのような制度なのかというと、先輩社員が新入社員につきマンツーマンで指導してくれることなのです。
業務に関する事がメインなのですが、プライベートな悩みを相談する事も目的としています。
タマディックは、新入社員が配属された環境になじめるようにするためにも、コミュニケーションが必要だと考えているのです。
そこでエルダー制度を導入して、少しでも職場に慣れて自分の力を発揮させようと試みているのです。


自分らしく過ごしていける

こちらの会社では、エンジニアとしての心得をしっかり身につけさせることで、さらに優秀な人材を育成しようとしています。
最初は覚えるだけでも大変かもしれませんが、エルダー制度により先輩社員がしばらく指導してくれるので安心。
業務以外の事でも相談できるようになっているため、ストレスを溜めることなく業務に携わることが出来ます。
タマディックは女性の事もしっかり考えてくれているので、女性でも働きやすい環境になっているのが大きな魅力です。

皆の目に留まる大きな仕事がココで出来る!

様々な職業があり、多くの方の目に留まる仕事もあれば、裏方の仕事もあります。
やはり華やかな職業を望む方が多いとは思うのですが、やりがいのある大きな仕事がしたいと考えている方の姿も。
私もどちらかといえば皆さんの目に留まるような仕事に就きたかったのですが、現在は裏方で活躍しています。
実はこんな人達が頑張ってくれているんだ!というような仕事の方がカッコイイと思うようになったのです。
そして、私が気になっているタマディックもまさに見えないところで頑張っている会社だと思っています。
タマディックってどんな会社なの?


タマディックで大きな業務に携わる

機械系やエンジニア系の仕事をあまり知らない方は、この会社についてもあまり詳細を知らないと思います。
私ももとは文系ですから全く知らなくて、最近になってからタマディックについて調べるようになりました。
すると、こちらの会社はとても名の知れている会社のようで、今までに何度かテレビや新聞で事業について紹介されていることを知ったのです。
ですから、理系関係の方々にとったら非常に有名な企業なのだと思います。
タマディックが携わっているのは自動車だけではなくて、飛行機や宇宙ロケットの開発もあるようです。
2015年11月にMRJの飛行が行われたのですが、その開発にはこちらの会社も携わっていたのです。
多くの技術者達が集結したその中に、タマディックもいたとの事で私も驚いてしまいました。
開発したその飛行機は無事に飛行を成功させています。


自分の携わったモノが注目される

その業種によっては第三者の目に触れることもありますが、エンジニア職は少々異なります。
上記で紹介した飛行機のお披露目のような事は滅多にないことだと言われています。
普段は自動車やその他機械の開発や設計が主な業務内容になるようですが、時としてメディアに特集されて自分達の技術などを私達に伝えられることもあるのです。
タマディックはエンジニア業界で名を広めてきているので知っている方も多いみたいですが、知らない方も多くいます。
そういった方々にこうして技術を紹介することが出来る場というのは、非常に喜ばしいことです。


大きな仕事がしたいなら

誰だって大きなプロジェクトの中で活躍していきたい、と思うものです。
エンジニア企業になれば、大手企業と自動車やトラック開発に携わることが出来ますが、タマディックは一味違います。
自動車だけではなくて、上記で紹介したような飛行機の開発や設計、そして宇宙ロケットの設計・開発に携わることが可能なのです。
自分が携わったモノを誰かが安心して利用する事が出来る。
こんな大きな達成感や満足感を得ることが出来る職業というのは、本当に限られていると思うのです。
だからこそ、モノづくりに興味を抱いている方や大きな仕事がしたいと思っている方にはタマディックをおすすめしたいです!

タマディックで活躍出来るのはこんな人!

現在では少しずつ新しい職業が増えており、以前では聞いたことのないような職業もあります。
ここ近年になってから、栄えるようになってきているのはエンジニア関係の職種ではないかと思います。
私は完全に文系なので理系についての知識は全くと言っていいほどありませんが、人気職の一つとなっているようです。
なぜ人気なのかというと、手に職を付けることが出来るという点ではないかと私は考えています。
そこで私が個人的に気になっているのは「株式会社タマディック」です。
こちらは様々な大手企業に技術を提供して、一つのモノをみんなの力を合わせて作り出しているのです。
タマディックの募集ページで内容を確認する


どんな人物が活躍できるの?

こちらの会社はエンジニア企業なので、エンジニアを目指して努力している方なら活躍することが出来ます。
タマディックではモノづくりの経験や設計した経験がないという方でも、やる気や熱意をわかってもらえれば十分に評価してもらえます。
ですから、理系の学校へ通って勉強している方やモノづくりに関するサークル活動を行っている方でしたら、十分応募資格があります。
タマディックという会社は採用試験に面接を取り入れているのですが、この面接が大きなカギを握っています。
履歴書に力を入れている方も多いと思うのだけれども、この会社は面接を重視しています。
自分の伝えたいことをしっかり伝えることが出来るのか、またどのような事を頑張っていきたいと考えているのか。
その部分をしっかり伝えることが出来なければ、面接に落ちてしまう可能性も。


タマディックは自分の才能を活かすことが出来る

もともと何かを作り出すことが好きだという方にとって、タマディックはおすすめの会社です。
こちらの会社では、自分が希望する分野を伝えると最大限考慮して配属してくれるようになっています。
つまり、自動車関係のエンジニアを目指したいと考えている方は、自動車事業を希望すれば一歩夢に近づきます。
場合によっては希望通りにいかないこともありますが、できる限り考えて配属してくれるという点が魅力の一つですね。
タマディックは色々な事業部に分かれて業務を行っていますが、各事業部により学べる技術も異なってきます。
多くの事をしっかりと学んでいくことによって、自分の才能を開花させて発揮することも可能でしょう。


未経験・経験者なんて問わない

エンジニアとして頑張りたい、モノづくりに携わっていきたい。
そういった強い思いを持っている方は、未経験者であったとしてもタマディックに評価してもらえます。
また、周囲を巻き込みながら業務をこなすことが出来る方も、高評価です。
実力の世界ですからもちろん経験者がいればそちらの方が優遇されることにはなります。
しかし、技術的な面だけではなくてきちんと内面についても見ていますから、技術だけではなくてコミュニケーションスキルも磨いておくと無難かもしれませんね!